/

この記事は会員限定です

「投資撤退」は効果的なのか

一目均衡 欧州総局 篠崎健太

[有料会員限定]

2018年11月の当欄で「『投資撤退』は万能なのか」と書き、化石燃料関連などの企業から投資を引き揚げる動きを懐疑的な視点で伝えた。それから3年、機関投資家によるダイベストメント(投資撤退)のうねりは広がっている。果たして社会問題の解決に真に貢献するのか。その効果はなお不明確だ。

10月26日、オランダの大手年金基金ABPの方向転換が注目を浴びた。石油・ガスや石炭の生産にかかわる投資から手を引くと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン