/

この記事は会員限定です

英がアジアに艦船「5年常駐」 海軍トップ、中国けん制

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ロンドン=中島裕介】英海軍トップのトニー・ラダキン第1海軍卿が日本経済新聞のインタビューに応じ、インド太平洋地域に少なくとも5年間、新たに英海軍の哨戒艦2隻を常駐させると表明した。米中間で緊張が高まる台湾海峡については「開かれたインド太平洋の一部だ」と明言した。中国の海洋進出へのけん制を念頭に、インド太平洋の海洋秩序の安定に貢献する意向を示した。

英国は最新鋭空母クイーン・エリザベスを中心とする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン