/

プーチン大統領が自主隔離 新型コロナ濃厚接触者に

【モスクワ=石川陽平】ロシア大統領府は14日、プーチン大統領が新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者となり、自主隔離に入ったと発表した。プーチン氏の健康状態に問題はないが、16~17日にタジキスタンで開かれる上海協力機構(SCO)などの首脳会議にはオンライン形式で参加することになった。

プーチン氏は14日までに、周辺の人物が新型コロナに感染したことが明らかになった。プーチン氏の自主隔離は「一定の期間」になるという。13日にはモスクワでシリアのアサド大統領とアフガニスタン情勢などを巡って会談したが、これが自主隔離の理由ではないとしている。

プーチン氏は14日、タジキスタンのラフモン大統領に電話で、中国やロシア、中央アジア諸国、インド、パキスタンが加盟するSCOと、旧ソ連諸国がつくる集団安全保障条約機構の首脳会議にはオンライン形式で参加すると伝えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン