/

この記事は会員限定です

英王室、権威失墜に危機感 アンドルー王子の地位剝奪

性的虐待事件、公判入りで決断

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】女性への性的虐待疑惑で米国で訴追されているエリザベス女王の次男アンドルー王子(61)が13日に、軍の名誉職と慈善団体の役職を女王に返上した。すでに2019年から公務を退いていたが、王室メンバーとしての公的地位をほぼすべて失った形だ。異例の厳しい措置の背景には、国民統合の要としての王室への市民の信頼が失墜しかねないとの危機感がある。

アンドルー王子をめぐっては、01年の17歳当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1540文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン