/

ロシア、野党活動家ら200人拘束 会合参加に圧力

治安当局は野党の活動家らが集まった会合の参加者約200人を次々と連行した(13日、モスクワ)=AP

【モスクワ=小川知世】ロシアの治安当局は13日、モスクワで会合に参加した野党の活動家ら約200人を拘束した。参加者に「好ましくない活動」をする組織のメンバーがいたなどと主張している。9月に下院選を控え、政権は反体制派に対する圧力を強めており、野党の活動を厳しく取り締まる構えを示した。

米国のブリンケン国務長官はツイッターで、拘束が「疑わしい理由」で強行されたとの見解を示した。「独立した意見への迫害をやめるように求める」と訴えた。

会合はモスクワ市内のホテルで開かれ、下院選にむけた戦略などを協議するために各地から政権に批判的な独立系野党の活動家や議員らが集まった。現地で撮影された映像などによると、開始約40分後に多数の警察官が踏み込み、参加者を次々と連行した。

治安当局は発表で、新型コロナウイルス対策に違反したと摘発の理由を説明した。国内での活動が望ましくないと認定されている組織のメンバーの参加を確認したとも主張した。会合にはかつて「石油王」と呼ばれ、プーチン政権と対立して亡命したホドルコフスキー氏の政治団体の関係者らが出席していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン