/

イスラエル軍「地上部隊がガザ攻撃」表明

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【カイロ=久門武史】イスラエル軍は14日、イスラム原理主義組織ハマスが実効支配し、戦闘が続くパレスチナ自治区ガザに対し「航空、陸上部隊が攻撃している」とツイッターで表明した。ロイター通信は軍がイスラエル領内から砲撃を加えており、地上侵攻ではないと伝えた。

イスラエル軍は緊張の高まりを受け、ガザ境界に部隊を増派していた。ガザの保健当局によると10日からのイスラエル軍の空爆による死者は計100人を超えた。イスラエルでは7人が死亡した。イスラエル軍とハマスの交戦は既に、双方が2014年に衝突した戦闘以降で最悪の人的被害を生んでいる。

国連の安全保障理事会は今回の軍事衝突をめぐり、16日に公開会合を開くと決めた。議長国の中国国連代表部が13日明らかにした。当初は14日の開催を目指したが、イスラエル批判につながりかねないと懸念する米国が反対し実現しなかった。安保理は10日、12日にも非公開で協議したが、公開会合は初めて。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン