/

ポーランド大統領らキーウ訪問 ウクライナ軍事支援約束

ゼレンスキー大統領と会談

【ウィーン=細川倫太郎】ポーランドとバルト3国の大統領は13日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪れ、ゼレンスキー大統領と会談した。ロシア軍の同国への侵攻が続くなか、政治や軍事面での支援を約束した。

AFP通信によると、ポーランドのドゥダ大統領は記者会見で「もし誰かが戦闘機と兵士を送り込み、住宅地を爆撃し民間人を殺すなら、それは戦争ではない。テロリズムだ」と非難した。罪を犯した兵士と命令した者全員を裁くべきだと主張した。ゼレンスキー氏は「この素晴らしい4カ国」の指導者はウクライナの友人だと強調した。

4人の大統領はキーウ近郊のボロディアンカなども訪問し、破壊された町を視察した。ロシア軍が地上侵攻し、多数の民間人の殺害や女性への性的暴行が伝えられている。国際社会からは「戦争犯罪だ」と非難の声があがっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン