/

フランス、ブラジルとの航空便停止 変異型に水際対策

ブラジルで新型コロナウイルスの変異型が拡大している(1日、サンパウロの墓地)=ロイター

【パリ=白石透冴】フランスのカステックス首相は13日、ブラジルとの航空便を全て無期限で停止すると国会答弁で明らかにした。ワクチンの効果を下げる恐れなどが指摘される新型コロナウイルスの変異型が同国で広がっており、水際対策を強めることにした。

ブラジル型変異ウイルスは英国型より感染力は弱いとされるが、2回感染する疑いなどが報告されている。仏テレビBFMは専門家の話として「ブラジル型は南米や米国で広がっている。欧州でも急拡大する可能性がある」との見方を報じた。

フランスで現在感染拡大の中心になっているのは英国型で、地域によっては新規感染者の9割を占めている。ブラジル型は仏全土で1%未満だ。英オックスフォード大の研究者らが運営する「アワー・ワールド・イン・データ」によると、人口100万人当たりの24時間の感染人数(7日移動平均)はフランスが約490人、ブラジルが約330人で感染数はフランスの方が深刻だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン