/

ソニーと任天堂、ゲーム課金方式を変更 英当局と合意

【ロンドン=佐竹実】英国の競争・市場庁(CMA)は13日、ソニーグループ傘下のソニー・インタラクティブエンタテインメントと任天堂との間で、有料ゲームの課金方式を変更することで合意したと発表した。利用者が長期間遊んでいなくても課金される仕組みを改め、一定期間使わなければ課金されないようにした。

CMAによると、ソニーは「プレイステーションプラス」を長期間利用していないにも関わらず支払っている利用者に連絡して解約方法を伝え、料金徴収をやめるようにする。任天堂は、「ニンテンドースイッチオンライン」の利用契約を自動更新しないよう仕組みを変えた。

CMAは、利用者が使わないにも関わらず料金を払わされる状態を懸念し、オンラインゲーム業界を調査してきた。1月には、米マイクロソフトとも同様の対応で合意している。大手3社が調査の過程で対応したことで、調査を終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン