/

アフガン支援11億ドル超に 国連会合、米も拠出表明

(更新)
13日、記者会見するグテレス国連事務総長(ジュネーブ)

【ジュネーブ=木寺もも子】イスラム主義組織タリバンが制圧したアフガニスタンを巡り、国連は13日、スイスのジュネーブで人道支援のための閣僚級会合を開いた。6400万ドル(約70億円)近くの新たな拠出を表明した米国など96カ国が参加し、支援総額は11億ドルを超えたもようだ。

国連は今年9~12月までの4カ月間で新たに6億ドルの緊急支援が必要だとして加盟国などに協力を求めていた。記者会見したグテレス事務総長は、各国が表明した支援総額は現時点で不明としたうえで、周辺国への支援を含め少なくとも11億ドルに上ると明らかにした。

アフガンは世界最貧国の一つで、これまでも人口の半数にあたる約1800万人が国際社会の支援に支えられてきた。だが、幹部が国連制裁対象に指定されているタリバンがアフガンを制圧したことで、国際通貨基金(IMF)や世界銀行は支援を停止。米国はアフガンの中央銀行が持つ90億ドルの海外資産を凍結した。

アフガンでは現金不足のため銀行が営業を一時停止、物価が高騰するなどして経済活動が混乱している。国連によると、これまで7割程度だった貧困率は2022年半ばまでに97%に上昇する恐れがある。1400万人が飢餓の恐れに直面しているという。

グテレス氏は米国などの名指しを避けたうえで「アフガン経済が息をできるよう、現金を利用可能にするための方策を考えなければならない」とも訴えた。

日本は8日、アフガンや周辺国に対して、新規の6500万ドルを含む計2億ドルを年内に支援する方針を示した。

アフガニスタン最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アフガン情勢

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を掌握しました。米国は2001年の米同時テロをきっかけにいったんはタリバンを打倒しましたが、テロとの戦いは振り出しに戻ります。アフガニスタン情勢を巡る最新の記事をこちらでお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン