/

ロシア軍、ウクライナ東部で渡河作戦失敗 英国防省分析

【イスタンブール=木寺もも子】英国防省は13日、ロシア軍がウクライナ東部ルガンスク州のドネツ川で渡河作戦に失敗し、少なくとも1個大隊級の戦力を失うなどの大きな打撃を受けたとする分析を公表した。首都キーウ近郊から撤退して東部に戦力を集中する作戦は目立った戦果を挙げていないとも指摘した。

ウクライナ国防省は11日、ロシア軍がドネツ川を渡るためにかけた浮橋を破壊したことを示す写真を公表した。英国防省の分析はこれを指しているとみられる。

英国防省の分析によると、ロシア軍は東部戦線でウクライナ軍を包囲し、西部にいる部隊との合流や補給路を断とうとしている。そのためにドネツ川に近いセベロドネツク周辺などに戦力を投入し、川から西方に位置するドネツク州クラマトルスクなどの掌握を目指しているとみる。

英国防省は戦場で川を渡るのが「きわめてリスクの高い作戦」だと指摘し、ロシア軍の司令官は東部戦線で戦果を挙げるために強い圧力を受けているとの見方を示した。

一方、ロシア国防省は13日、ウクライナ中部クレメンチュクの製油所を攻撃し、生産設備や貯蔵庫を破壊したと発表した。ウクライナはロシアによるインフラ攻撃などで燃料不足に苦しんでおり、状況が悪化する恐れがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン