/

仏LVMH、7~9月の売上高3割増 ティファニー買収効果も

【ウィーン=細川倫太郎】高級ブランド世界最大手、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンが12日発表した2021年7~9月期の売上高は、155億1200万ユーロ(約2兆300億円)と前年同期比3割増えた。富裕層の旺盛な消費意欲を背景に全部門が増収で、特に時計・宝飾品が好調だった。

1月に158億ドル(当時の為替レートで約1兆6300億円)で買収した米宝飾大手ティファニーの買収効果などで、時計・宝飾品の売上高は2.3倍に拡大した。全体の約半分を稼ぐ主力のファッション・皮革は25%増だった。地域別では、新型コロナウイルスワクチンの普及で経済活動の再開が進んでいる欧米の好調が目立った。

新型コロナのパンデミック(世界的大流行)前の19年7~9月期と比べても売上高は16%上回っている。ただ、今年4~6月期(前年同期比の増収率は89%)に比べると減速した。高級ブランドの一大市場である中国の景気減速懸念など先行き不透明感もある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン