/

イスラエル、ワクチン3回目接種開始 免疫力低い成人に

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
ワクチン接種で先行したイスラエルでもデルタ型の感染が拡大(6日、テルアビブ)=ロイター

【カイロ=久門武史】イスラエル保健省は12日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、免疫力の低い成人を対象に3回目の接種を始めると表明した。同社製ワクチンは2回接種が基本で、ブースターと呼ぶ3回目の追加接種に乗り出すのは世界初とイスラエルメディアが伝えた。

一般の成人向けに3回目の接種を実施するかはまだ検討中とした。ファイザーは、ブースター接種の許可を米食品医薬品局(FDA)に申請する方針を明らかにしている。

イスラエルは世界屈指の速さでワクチン接種を進め、既に人口の6割が2回の接種を済ませた。6月には新規感染者が1桁にとどまる日もあったが、変異ウイルスのインド型(デルタ型)の感染急増で7月に入り500人を超える日が相次いだ。

保健省は5日、ファイザー製ワクチンが発症を予防する効果が94%から64%に下がったとの研究結果を公表していた。政府は一時、新型コロナ関連の行動規制をほぼ解除したが、6月下旬に屋内でのマスク着用を再び義務付けるなど警戒を強めている。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン