/

NATOとロシア、主張の溝大きく ウクライナ情勢巡り

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ブリュッセル=竹内康雄、モスクワ=桑本太】北大西洋条約機構(NATO)は12日、緊迫するウクライナ情勢を巡ってロシア側と協議した。閉幕後に記者会見したNATOのストルテンベルグ事務総長は、具体的な内容では溝が大きかったと認めた一方、双方が対話を継続する必要性を共有したと明らかにした。

会合の枠組みは、NATO・ロシア理事会と呼ばれる。関係悪化からこのところ開催されておらず、約2年半ぶりに開かれた。NATOからはストルテンベルグ氏や加盟国の代表が、ロシアからはグルシコ外務次官らが出席した。

ストルテンベルグ氏は、NATO加盟国とロシアの間には「大きな違いがある」とした上で「この違いを埋めるのは簡単でない」と語った。会合ではロシア側にウクライナ国境付近での軍備増強に懸念を表明。緊張緩和に向けた行動をとるようロシア側に求めた。

ただ「同じテーブルを囲み、問題に取り組んだのは前向きな兆候だ」と評価した。ストルテンベルグ氏によると、対話を続けるため、今後の会合に向けてスケジュールを詰めることで一致した。

一方、ロシアのグルシコ外務次官は終了後に開いた会見で「(NATOとの協議は)今のところ前向きな議題はない」と不満をにじませた。「NATOの政策と軍備増強はロシア抑止に焦点を合わせている」と懸念を示し、NATO拡大が欧州の安全保障に悪影響を及ぼし、ロシアに受け入れがたいリスクを生み出すと主張した。インタファクス通信などが伝えた。

ロシアはNATOの新規加盟凍結や東欧からの撤退を求めたが、NATO側は拒否した。ストルテンベルグ氏は「各国が独自の安全保障体制を選択する権利がある」と訴えた。その上で偶発的な衝突を避けるため、軍事演習の透明性を高めることを議論すると明らかにした。

ウクライナ問題を巡っては、米国とロシアが10日にスイス・ジュネーブで2国間会合を開いた。13日にはウィーンで欧州安保協力機構(OSCE)の会合が開かれ、緊張緩和に向けた外交対話が続く。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン