/

この記事は会員限定です

英EU摩擦、1カ月後に猶予期限 北アイルランド問題

無関税貿易の継続にリスクも

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】英国の欧州連合(EU)離脱に伴って英領北アイルランドに導入された通商ルールを巡る英・EU間の摩擦問題が、1カ月後の9月末の期限を控えて山場を迎える。英国は北アイルランド経済に混乱が及んでいるとして通商ルールの再交渉を求めているが、EUは応じない構え。EU離脱後も続く両者間の無関税での貿易を脅かすリスクが浮上している。

通商ルールは両者が合意した「離脱協定」に盛り込まれ、202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン