/

ソフトバンクGの仏ペッパー事業、独ユナイテッドが買収

【フランクフルト=林英樹】独産業用ロボットメーカー、ユナイテッド・ロボティクス・グループは12日、ソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」開発などを手がける仏ソフトバンクロボティクスヨーロッパ(SBRE)を買収すると発表した。買収金額は非公表。両社の人材を統合し、ヒト型ロボットの研究・開発を加速させる。

SBRE親会社である日本のソフトバンクロボティクスグループは同時にユナイテッドの株式の一部を取得した。ユナイテッドによる買収完了は2022年4~6月の予定。SBREは買収完了後、社名を以前の「アルデバラン」に戻す。

SBREはペッパーのほか、二足歩行ロボット「NAO」の開発などを手がける。ユナイテッドは21年10月からSBREとペッパーとNAOの販売代理契約を結んでいた。

ソフトバンクGは12年、仏ロボットメーカーだったアルデバランを買収。同社の感情認識技術を使い、ペッパーを開発した。ただ、ここ数年は販売が伸び悩み、ソフトバンクロボティクスGが売却交渉を進めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン