/

トヨタ、2年連続でVW抑え首位 21年世界販売

(更新)

【フランクフルト=深尾幸生】トヨタ自動車が世界の新車販売で2年連続で首位になった。独フォルクスワーゲン(VW)が12日に発表した2021年の世界新車販売台数は20年比5%減の888万台だった。トヨタは21年通年の実績をまだ発表していないが、同年1~11月の累計ですでにVWの通年を上回っている。半導体不足への対応の巧拙で差が開いた。

トヨタは、持ち分法適用会社のSUBARU(スバル)を含まないベースで、21年1~11月に前年同期比12%増の956万台だった。今月下旬に21年通年の販売実績を発表する。

主要地域で堅調に販売を伸ばし、米国市場では21年に海外勢として初めてシェア首位となった。中国での販売もトヨタとして過去最高を更新。世界の大手メーカーが電気自動車(EV)戦略を次々に公表するなか、ハイブリッド車(HV)などの販売を増やした。

新型コロナウイルスの感染拡大による市場の冷え込みはトヨタも直撃している。子会社の日野自動車などを除くトヨタ単体の21年度販売計画は、11月に下方修正を迫られた。11月単月では北米や欧州で前年実績を割り込んだ。

それでも年間を通して多目的スポーツ車(SUV)の新型車を主要地域でほぼ予定通り投入したほか、完成車工場で生産車種の入れ替えをリモート支援するといった取り組みが奏功した。各社が頭を悩ませた半導体不足もグループ会社のデンソーとの連携で影響を最小限に抑えた。

一方、VWは19年まで4年連続で世界一だったが、新型コロナの影響を受けた20年に販売が落ち込んだ。21年は半導体不足で生産を挽回できず、販売台数はコロナ前の19年と比べると約2割も減少した。地域別では最大市場の中国が20年比で14%減の330万台、お膝元の西欧は286万台と3%減った。北米は高級車が好調で16%増の90万台だった。

ブランド別では中核のVW乗用車ブランドが8%減の489万台だった。高級車ブランドの独アウディは1%減の168万台、独ポルシェは30万台と11%増えた。グループ内で半導体を利幅の大きい車種に振り向けた。

EVは45万台と20年の約2倍に増え、販売全体に占めるシェアは5%に達した。世界戦略車のSUV「ID.4」が11万台売れたほか、アウディの「e-tron」やポルシェの「タイカン」も4万台を超えた。タイカンはポルシェを代表するスポーツ車「911」の販売台数を上回った。

ただ、VWのEV比率は21年初めに計画した6%にはとどかなかった。中国で地元勢や米テスラに押されているほか、コロナによりEVを生産する工場も減産を余儀なくされた。プラグインハイブリッド車(PHV)は61%増の30万台だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン