/

独ボッシュ、英ソフトウエア会社を買収 自動運転向け

【フランクフルト=林英樹】自動車部品世界最大手の独ボッシュは12日、自動運転向けソフトウエア技術を開発する英スタートアップのファイブ社を買収すると発表した。買収額などは非開示。自動運転をめぐっては米テック企業が開発を加速している。ボッシュは独フォルクスワーゲン(VW)と提携するなど、欧州連合で対抗を図る。

ファイブは英国内6カ所の拠点で140人の従業員を抱える。自動運転で使われるソフトウエア向けクラウド基盤を手がけ、膨大なデータを高速処理する独自技術をもつ。ボッシュはファイブの技術を使い、特定の条件下で運転を完全自動化できる「レベル4」の実現を目指す。

ボッシュは1月、VWとの提携を発表。今後、VWグループの全ブランド車向けに、一定の条件下で運転者による監視が不要な「レベル3」などの自動運転技術を搭載していく。2月には高解像度3Dマップを手がける独スタートアップの買収も決めるなど、自動運転の開発強化に動いている。

一方、独メルセデス・ベンツグループは米エヌビディアと自動運転システムを共同開発する。独BMWも米クアルコムなどと連携を深めている。ボッシュのマルクス・ハイン取締役は「自動運転技術に安全は不可欠。『メイド・イン・ヨーロッパ』の技術を提供したい」とファイブ買収の狙いを語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン