/

この記事は会員限定です

アフリカ、「グリーン水素」事業相次ぐ 欧州市場目指す

[有料会員限定]

【カイロ=久門武史】アフリカで再生可能エネルギーを使って製造する「グリーン水素」の事業化を目指す動きが相次いでいる。風力や太陽光が豊富で、再生エネのコストが比較的安く、脱炭素に熱心な欧州に近い利点がある。グリーン水素は次世代エネの一つとして国連も普及を後押しするが、輸送網の整備を含め課題が山積している。

燃焼後に水が発生するだけの水素は、将来のクリーンエネルギーとして世界で研究が進む。水を電気分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン