/

この記事は会員限定です

イタリア首相にドラギ氏就任 先進国、協調路線一段と

(更新) [有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎、ロンドン=赤川省吾】欧州中央銀行(ECB)のドラギ前総裁が13日、イタリアの首相に就任した。親欧州連合(EU)派で、中銀総裁として国際協調の最前線に立ってきたドラギ氏の首相就任は、米バイデン政権の誕生後の国際協調機運の拡大に一段と追い風になりそうだ。

ドラギ氏は13日、内閣の宣誓式に臨み、「憲法と法律を忠実に順守し、国益のためにのみ私の職務を遂行する」と首相就任の宣誓をした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1520文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン