/

ウクライナ南東部マリウポリ市長、犠牲者「2万人超か」

(更新)

【カイロ=久門武史】ウクライナ南東部の港湾都市マリウポリのボイチェンコ市長は11日、ロシア軍の攻撃で市内で1万人以上の民間人が死亡したとAP通信のインタビューで明らかにした。犠牲者は2万人を超える可能性があるとの見方も示した。

市長によるとロシア軍は遺体を焼却するため、移動式の火葬設備を市内に持ち込んでいる。多数の遺体を冷蔵施設のある大型ショッピングセンターに運び込んでいるとも説明した。

マリウポリはロシア軍の包囲攻撃が続き、なお10万人以上の住民が退避できずにいるとみられている。米戦争研究所は10日、市内がロシア軍に分断され、ウクライナ軍が孤立しているとの分析を明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン