/

EU首脳、防衛費大幅増で合意 ロシアへのエネ依存解消

(更新)

【ベルサイユ=竹内康雄】欧州連合(EU)首脳会議は11日、ウクライナに侵攻したロシアへの対応を盛り込んだ「ベルサイユ宣言」を採択して閉幕した。安全保障への危機感が強まっていることから「防衛費を大幅に増加させる」ことで一致。ロシアへのエネルギー依存を段階的に解消することでも合意した。EU首脳はロシアが状況を一段と悪化させれば、さらなる制裁も辞さないと警告した。

EUのミシェル大統領は閉幕後の記者会見で「2週間前と我々は別の世界に立っている」と語り、ロシアの脅威が間近に迫ったことで、欧州の防衛を強化する必要性を訴えた。宣言では防衛費の大幅増額に加え、加盟国間での防衛品の共同開発やサイバーや宇宙空間での防衛力の強化を明記した。

首脳は欧州委員会に防衛分野への必要な投資額を5月までに分析するよう要請した。欧州の防衛政策はこれまで個々の国が北大西洋条約機構(NATO)と協力しながら主導してきたが、EUの関与を強める格好だ。ミシェル氏は6月より前に臨時のEU首脳会議を開き、安全保障と防衛問題を集中討議する考えを示した。

ロシアへのエネルギー依存も解消する。国際エネルギー機関(IEA)によると、EUの2021年の天然ガス輸入に占めるロシアの割合は約45%。これを「できるだけ早く解消する」ことで合意した。欧州委は27年までに依存度をゼロにすることをめざし、5月に具体策を提案する。

エネルギー価格の高騰を受け、消費者や企業を保護するための制度づくりを進める。

ロシアに対しては、さらなる制裁を視野に準備を進めることで一致した。EU議長国フランスのマクロン大統領は、ロシアのプーチン大統領が状況を悪化させれば「再び大規模な制裁を科さねばならない」と力説した。フォンデアライエン欧州委員長は既に科した制裁が「ロシア経済に打撃を与え始めている」と主張した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン