/

「我々は人種差別的ではない」 英ウィリアム王子が反論

ウィリアム王子は弟ヘンリー王子との確執が指摘されている(11日、ロンドン)=AP

【ロンドン=佐竹実】英国のヘンリー王子とメーガン妃が、王室内で人種差別的な発言があったと米テレビ番組で語った問題で、王子の兄のウィリアム王子は11日、「我々は人種差別的な家族では全くない」と述べた。王族が放送後に見解を述べるのは初めて。

ウィリアム王子は公務で訪れたロンドンの学校で記者の質問に答えた。放送後にヘンリー王子と連絡を取ったかを問われると、「まだ話していないが、話す」と述べた。

アフリカ系のルーツを持つメーガン妃は7日の番組で、息子のアーチーちゃん(1)を妊娠中に「生まれたら肌の色がどれだけ濃いかという懸念や会話があった」と明らかにして物議を醸した。誰の発言かは明らかにしなかった。番組の司会者によると、ヘンリー王子はエリザベス女王と夫のフィリップ殿下の発言ではないと説明した。

ヘンリー王子は番組で、不仲が指摘される兄のウィリアム王子との関係について、「距離があるが、きっと時間が解決してくれる」と語っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン