/

EU、J&J製コロナワクチンを承認 4例目で初の1回接種

(更新)
J&JのワクチンでEUの承認は4例目となった=ロイター

【フランクフルト=深尾幸生】欧州連合(EU)の欧州委員会は11日、米日用品・製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発した新型コロナワクチンを条件付き承認した。EUでの新型コロナワクチンの承認は4例目で、1回の接種で済むワクチンは初めてだ。

EUで医薬品を審査する欧州医薬品庁(EMA)は同日、欧州委の承認に先立って、承認を勧告する審査結果を公表した。接種は18歳以上を対象とする。臨床試験(治験)での有効性は67%と、米製薬大手ファイザーなどのワクチンに劣るものの英アストラゼネカ製よりは高い。通常の冷蔵庫で保管でき、ワクチン接種ペースの加速へ向けて期待が高い。

同ワクチンは2月に米国で緊急承認された。EUはすでに2億人分の同ワクチンを契約済みで、2億人分を追加で購入する権利を持つ。

EUはこれまでにファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンのほか、米モデルナ製、アストラゼネカ製を承認し、接種を始めた。EMAは独キュアバク製やロシア製のワクチンの審査も進めている。欧州委は11日、これまでにEU27カ国に6千万回分以上が供給され、4300万回分以上が接種されたと明らかにした。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン