/

ボルボ、スウェーデン工場を一時停止 半導体不足

ボルボのヨーテボリ工場(20年)=ロイター

【パリ=白石透冴】高級車大手ボルボ・カー(スウェーデン)は11日、半導体不足の影響でスウェーデン南部にあるヨーテボリ工場の稼働を同日夕方から一時停止すると発表した。週内の再稼働を予定している。

中国浙江吉利控股集団傘下の同社は6月にもベルギーにある工場を一時止めている。半導体不足は世界の自動車業界に打撃を与えており、欧州では仏ルノーが2021年通期で20万台の生産ができなくなる恐れがあると発表している。中国では7月の新車販売台数が前年同月比11.9%減の186万4000台だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン