/

WHO「欧州の過半数がコロナ感染」 今後6~8週で

(更新)

【パリ=白石透冴】世界保健機関(WHO)のハンス・クルーゲ欧州地域事務局長は11日、今後6~8週間で欧州の人口の過半数が新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」に感染する可能性があると警告した。域内26カ国で毎週、人口の1%超が感染している状況から判断したという。

クルーゲ氏は記者会見で、米ワシントン大学の保健指標評価研究所(IHME)の試算に基づいて説明した。「前例のない感染規模のため、入院患者数も増えている」と医療機関への負荷が高まっていることも訴えた。ワクチン接種が完了している人の多くが感染しているものの、「重症化や死亡を防ぐにはワクチンは有効だ」とし、ワクチン接種を促した。

英オックスフォード大学の研究者らでつくる「アワー・ワールド・イン・データ」によると、欧州全体で人口の6割超がワクチン接種を完了したが、感染拡大を防げていない。直近の1日当たりの感染件数(7日移動平均)はフランスが約26万、英国が17万、イタリアが15万などとなっている。

ただ死者数でみると、最初の感染の波が襲った2020年春などと比べると低く抑えられている。オミクロン型の毒性が別の変異型「デルタ型」より低いとされていることや、ワクチンが重症化を防いでいることなどが要因とみられる。

一方、WHOは11日の報道機関向け資料でワクチンの追加接種(ブースター接種)について、「ブースター接種を繰り返すという戦略は適切ではない」と表明した。富裕国ばかりで接種が進み、不平等が是正されないことなどを理由として挙げた。代わりに「感染を防ぐ効果が高いワクチンの開発を進めるべきだ」として、新しいワクチンの必要性を指摘した。

新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン