/

仮想通貨への投資「全損の覚悟を」 英金融当局が警告

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
代表的な暗号資産のビットコインは乱高下が続いている=ロイター

【ロンドン=篠崎健太】英国の金融行為監督機構(FCA)は11日、暗号資産(仮想通貨)への投資リスクに注意を促す声明を出した。「投資する場合は資金を全て失うことを覚悟しなければならない」と強調した。代表的な仮想通貨のビットコインが史上最高値まで急騰後に乱高下するなか、投機性の高さを十分に理解するよう警告した。

FCAは「一部の事業者が高いリターン(運用収益)をうたって仮想通貨や関連の融資、投資商品を提供していることを把握している」と指摘した。仮想通貨への投資で問題が起きても投資家保護制度で補償される可能性は低いと説明し、投資詐欺への警戒も呼びかけている。

英当局は仮想通貨への規制や監督を強化してきた。英国では6日から、仮想通貨を参照するデリバティブ(金融派生商品)と上場投資証券(ETN)の個人向け販売が禁止された。マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ対策の一環として、仮想通貨を扱う事業者は10日以降、FCAへの登録が必須になった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン