/

メルセデス、ダッシュボード全面をスクリーンに

(更新)

【フランクフルト=深尾幸生】独ダイムラーの乗用車事業会社メルセデス・ベンツは11日、デジタル技術見本市「CES」でダッシュボード全面を覆うスクリーンを披露した。3枚のディスプレーを幅141㌢㍍の湾曲した1枚のガラスにとじ込めた。年内に発表する同社の最上級電気自動車(EV)「EQS」に搭載する。

新開発の「MBUXハイパースクリーン」は運転席側の速度や電池残量を表示するパネルに加え、中央に17.7型、助手席側に12.3型の有機ELディスプレーを統合した。物理的なボタンを廃し、1枚の巨大なタッチパネルのように演出する。

中央の画面はタッチすると押し込んだような感触などを返す。人工知能が運転する人の習慣を学習し、先回りして必要なメニューを表示する。助手席側のディスプレーはナビゲーションや音楽選択を操作できるほか、一部の市場ではテレビや動画を視聴できる。

MBUXハイパースクリーンはCESに先だって7日に世界初公開。CESでは、音声で「あの建物のことを教えて」や「左のレストランの名前は」と聞くと、情報を音声や表示で教えてくれる機能を初めて披露した。

当面は「EQS」など上級モデルのみの搭載となるが、順次、ほかの車種にも広げる。CESでゴーデン・ワグナー最高デザイン責任者は「(ユーザー・インターフェースの)物理的な世界からデジタルな世界への転換点だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン