/

この記事は会員限定です

中東産油国「自衛」狙い大幅減産 深まる米国との溝

中東の逆襲㊤

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

サウジアラビアやロシアなど主要産油国が11月に大規模減産に乗り出し、波紋を呼んでいる。米国の意向に反した減産に、米バイデン政権はいらだちを隠さない。鳴りを潜めてきた巨額の石油マネーが再び金融市場に流れ込もうとしている。「中東の逆襲」が世界の市場や経済にどんな波乱を引き起こすのか。

米国のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物は1バレル80ドル台半ばで底堅い値動きを続ける。中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1967文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません