/

ロシア反体制派指導者の妻、ドイツに出国か

1月17日、ナワリヌイ氏㊨とともに航空便でロシアに帰国する妻のユリアさん=ロイター

【モスクワ=石川陽平】インタファクス通信は10日、情報筋の話として、ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の妻、ユリアさんが空路でドイツに出国したと伝えた。プーチン政権の強い政治圧力で国外への脱出を余儀なくされた可能性もある。

ロシア通信によると、ユリアさんの出国について、担当弁護士は10日、出国したかどうか知らないと述べた。ユリアさんが利用したとされる航空会社の独ルフトハンザも、搭乗者リストについてはコメントしないとしている。

政権が毒殺しようとした疑惑があるナワリヌイ氏は1月17日、療養先のドイツからユリアさんとともに帰国した直後に身柄を拘束された。2月2日の裁判では過去の有罪判決に基づく執行猶予を実刑に切り替える決定が下された。

10日にはナワリヌイ氏の陣営幹部で国外滞在中のレオニード・ウォルコフ氏に逮捕状が出されるなど、反体制派への取り締まりが強まっていた。ユリアさんも1月下旬の抗議集会で一時、治安当局により身柄を拘束されており、政権による弾圧を懸念し、ドイツに脱出した可能性もある。

ナワリヌイ氏が逮捕され、収監が決まった後、ユリアさんが同氏に代わる反体制派の指導者として活動するとの見方も出ていた。ナワリヌイ氏の陣営は4日、抗議デモを春まで休止すると表明した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン