/

この記事は会員限定です

問い直される資本主義 欧州に「成長と分配」の源流

Global Economics Trends 欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

岸田文雄首相は「新しい資本主義」をうたい、「成長と分配の好循環」を実現すると意気込む。世界に目を転じれば、ドイツなど欧州大陸諸国がよく似た政策目標を掲げる。なぜ欧州は弱者に目配りしながら成長を探る経済モデルになったのか。その軌跡と功罪を分析すれば日本の参考になるかもしれない。

「資本主義=害」ではない日本

「資本主義」という言葉に、各国はどんなイメージを持つのか。興味深い世論調査がある。米PR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5250文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン