/

この記事は会員限定です

英オックスフォード大学 コロナワクチン開発で力発揮 

UPDATE知の現場 オックスフォード大ジェンナー研究所

[有料会員限定]

200年以上前に天然痘のワクチン種痘法を開発し「近代免疫学の祖」といわれる英医学者のエドワード・ジェンナーの名前を冠したワクチン研究所が、英オックスフォード大学にある。英製薬大手アストラゼネカと新型コロナウイルスのワクチンを共同開発したジェンナー研究所だ。充実した設備と産業界との連携が研究・開発を支える。

歴史的建築物が並ぶオックスフォードの中心街から東へバスで20分ほど走ると、小高い丘の上に中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン