/

独ビオンテック「5~11歳向けワクチン、近く申請」

(更新)

【フランクフルト=深尾幸生】新型コロナウイルスのワクチンを米製薬大手ファイザーと共同開発する独ビオンテックは近く、5~11歳向けのワクチンの承認を各国の当局に申請する。同社トップが独誌シュピーゲル(電子版)に10日掲載されたインタビューで明らかにした。

早ければ10月中旬にも11歳以下の子供に最初のワクチンが接種される可能性がある。同誌のインタビューで、ビオンテックの創業者で最高医療責任者のオズレム・トゥレシ氏は「5~11歳の子供を対象とした臨床試験(治験)の結果を2~3週間以内に欧州を含む世界各地の当局に伝え、この年齢層に対するワクチンの承認を申請する予定だ」と述べた。

すでに生産の準備を進めており、成分は成人向けと同じで量が少ないという。同社のワクチンはすでに12歳以上向けに欧州や米国で接種が始まっている。ビオンテックは生後6カ月以上の子供を対象としたワクチンについても、治験データを年内に準備できると明らかにした。

ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は同じインタビューで「厳しい冬を避けるためにまだ約60日残っている。この2カ月でひとりでも多くの人がワクチン接種を終えるように、できることをすべきだ」と述べた。

一方、ロイター通信は10日、米国でも近くファイザー・ビオンテックのワクチンが5~11歳の子供に接種可能になるとの見通しを報じた。米食品医薬品局(FDA)が10月中に緊急使用許可を与える可能性があるという。

新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン