/

この記事は会員限定です

チュニジア財務相、債務条件緩和「中所得国にも」

[有料会員限定]

チュニジアのクーリ財務相は首都チュニスで日本経済新聞の取材に応じ、新型コロナウイルスによる債務悪化への支援について「中所得国を忘れるべきでない」と述べ、債権国に条件緩和の検討を訴えた。アジアとの協力では中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に期待を示した。

20カ国・地域(G20)が新型コロナで財政が悪化する最貧国に債務返済の猶予措置を延長したことに「非常に良い動きだ」と評価した。そのうえで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン