/

この記事は会員限定です

英首相「一帯一路」へ対抗示唆 G7でインフラ投資提案

(更新) [有料会員限定]

【コーンウォール(英南西部)=中島裕介】英国のジョンソン首相は日本経済新聞への寄稿で、11日から始まる主要7カ国首脳会議(G7サミット)で中国の広域経済圏構想「一帯一路」への対抗策を議論する考えを示唆した。中国は強大な経済力を背景に途上国へのインフラ投資を進めてきたが、融資手法などに批判が出ている。民主主義諸国によるクリーンな投資をアピールし、巻き返しを図る構えだ。

G7サミットで議長を務めるジョ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン