/

ソフトバンクG、英グリーンシル破綻前に430億円注入か

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
SBGの「ビジョン・ファンド」は2019年にグリーンシルに投資した(19年11月の決算説明会)

【ロンドン=篠崎健太】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)電子版は9日、ソフトバンクグループ(SBG)が経営破綻した英金融会社グリーンシル・キャピタルに対し、少なくとも4億ドル(約430億円)を注入していたと報じた。傘下の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」が2020年末に貸し付けたという。

企業間金融を手掛けるグリーンシルは、証券化商品の大口の提供先だった運用会社から取引を相次ぎ打ち切られて経営に行き詰まり、8日に倒産法に基づく会社管理手続きに入った。SVFは19年に約14億6千万ドルを出資していた。WSJによると資金はこれとは別枠で、株式への転換権のある負債として提供されたという。

既存の持ち分には経営破綻で大きな損失が生じたとみられる。報道が事実なら破綻の数カ月前に追加拠出した形で、損失が広がる可能性がある。

SBGの広報担当者は日本経済新聞の取材に「コメントすることはない」と回答した。

グリーンシルが提供する「サプライチェーンファイナンス」の利用者には、SVFの複数の出資先企業が含まれていた。20年夏にはスイス金融大手クレディ・スイス・グループのグリーンシル関連ファンドに一時、SVFが5億ドル超を投資していたとも報じられていた。株主、債権者、関連ファンド投資者など様々な立場で、SVFがグリーンシルと結びついていた可能性がでてきた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン