/

WTO会合、ワクチン特許放棄巡る協議継続へ

先進国と途上国の意見の隔たりは大きい(スイス・ジュネーブのWTO本部)=ロイター

【ウィーン=細川倫太郎】世界貿易機関(WTO)は9日、新型コロナウイルスワクチンの特許の一時放棄について協議を継続していくことで合意した。途上国でワクチンの普及が遅れるなか、生産拡大は急務になっている。ただ、加盟国間の意見の相違は大きく、交渉は難航が予想される。

WTOは8~9日の2日間にわたって知的財産についての理事会を開催した。各国は提出した文章に基づいて、協議を一段と強化していくことで一致した。7月の一般理事会でも議論する見通しだ。

特許の一時放棄を巡ってはインドと南アフリカが2020年10月に提案し、米国も5月にこの案を支持した。だが、欧州連合(EU)やスイスは特許を放棄すれば製薬会社の研究意欲がそがれるなどと反対している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン