/

EU、日本からの渡航を原則禁止に 感染拡大で

(更新)
多くの国・地域で新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染が増えている=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は9日、域外からの観光など不要不急の渡航を認めるリストから日本など6カ国を除外したと発表した。各国での新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置。EU加盟国では既にドイツが日本からの渡航を制限しているが、ほかの加盟国も制限する可能性が出てきた。

EUがリストから除外したのは日本、アルバニア、アルメニア、アゼルバイジャン、ブルネイ、セルビア。ウルグアイはリストに加えられた。日本は1月にリストから外れたが、夏休みシーズン前の6月に再びリストに入っていた。

出入国の認可は加盟国の権限のため、リストに従うかどうかは加盟国が判断する。例えば新型コロナのワクチンを接種した人に限って、隔離期間やPCR検査の義務なしに入国を認める加盟国もあるとみられる。

ドイツ政府は5日、日本からの観光客などの渡航を制限した。渡航できるのは、重要な渡航理由があると認められた場合か、ワクチン接種を完了している場合に限る。

新型コロナ感染が広がる「ハイリスク地域」にも指定し、入国前の登録なども義務付けた。ドイツは6月に日本からの渡航制限を解除していたが、日本で感染者数が増えたことで再導入した。

新型コロナの世界的な感染拡大を受け、EU加盟国は昨年3月、域外からの渡航を原則禁止した。昨年7月以降、経済再開のために渡航制限の段階的な解除を始めた。

EUは加盟国と協議し、渡航を認める国のリストを作成した。相手国の感染状況をもとに2週間ごとにリストを見直していて、現時点では、カナダやオーストラリア、韓国など10カ国強がリストに入る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン