/

この記事は会員限定です

現職マクロン氏に挑む極右2候補 仏大統領選まで1カ月 

ウクライナ危機への対応が影響

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】1カ月後に迫ったフランス大統領選は現職のマクロン氏(44)が支持率でトップを走る。4月10日の1回目の投票で過半数を得る候補はいない見通しで、焦点は上位2候補による同月24日の決選投票に移っている。ロシアのウクライナ侵攻への姿勢も各候補の勢いに影響を与えている。

激しい2位争いを展開するのは移民排斥や経済の保護主義を訴えるベテランと新興の極右候補2人だ。仏テレビBFMが8日に報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン