/

デンマーク、ワクチン証明書提示制度を再導入

【ブリュッセル=竹内康雄】デンマーク政府は8日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、レストランでの飲食などでワクチン接種の証明書を提示する制度を再び導入すると発表した。

専門家グループが政府に提言し、フレデリクセン首相が「政府はこの勧告に従う」と述べた。議会の承認を経て、近く導入する。対象はレストランでの屋内飲食や、大型の屋外イベントなど。

AP通信によると、デンマークは7月に証明書を導入。ワクチン接種率が高まり、9月に証明書提示など新型コロナに関連する規制をほぼすべて撤廃した。12歳以上の約86%がワクチンを接種済みだが、9月に1日300人程度だった新規感染者数は足元で2000人を超えている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン