/

この記事は会員限定です

小選挙区制の功罪 独の比例併用制「進む多党化が試練」

[有料会員限定]

「進む多党化、民意反映の試練に」 独ツェッペリン大教授のヨアヒム・ベーンケ氏

ドイツ政治は多党化が進み、票が分散するようになった。小選挙区でも低い得票率で当選できるようになり、「選挙区の民意を代表する政治家」と呼べなくなりつつある。

ドイツの連邦議会(下院)選挙は小選挙区比例代表併用制だ。政党の得票率に応じて議席配分が決まる比例代表制をベースにし、政治家に票を投じる小選挙区制の要素を加味している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン