/

この記事は会員限定です

「サイバー犯罪対策 国際協力が不可欠」

カスペルスキーCEO会見 日本は中国系ハッカーの標的

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】情報セキュリティー大手、カスペルスキー研究所のエフゲニー・カスペルスキー最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に応じ、脅威を増すサイバー犯罪の摘発には米国とロシアも含めた「国際協力が不可欠だ」との考えを明らかにした。中国系ハッカーが日本への攻撃を活発にしていると警鐘を鳴らした。

モスクワに本社があるカスペルスキー研究所はアンチウイルスソフトなど様々な情報セキュリティーサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン