/

この記事は会員限定です

サウジアラムコIPOから1年 堅調株価にひそむ危うさ

コロナ危機が逆風、消費国の「脱炭素」も加速

[有料会員限定]

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが2019年12月11日に国内証券取引所タダウルに株式を部分公開してから1年。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う原油需要の急減や消費国の脱炭素に向けた取り組みの強化で経営に逆風が強まる。だが、巨額の配当や当局の買い支えによるとみられる効果で株価は公開価格を上回り推移。官製相場は危うさをはらみ、サウジ政府が念願とする海外上場への道は遠のく。

サウジの実力者ムハ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン