/

トルコEC大手トレンドヨル、ソフトバンクGなどが出資

【イスタンブール=木寺もも子】トルコの電子商取引(EC)プラットフォーム最大手「トレンドヨル」は9日、ソフトバンクグループなどから計15億ドル(約1650億円)を調達することで合意したと発表した。トレンドヨルの評価額は165億ドルに達し、同社によるとトルコで初のデカコーン(評価額100億ドル以上の未上場企業)となった。

トレンドヨルは2010年創業で、3000万人超の利用会員を擁する。18年に中国アリババ集団の傘下に入った。今回の資金調達にはソフトバンクグループ傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド2号」のほか米ジェネラル・アトランティック、カタール投資庁などが参加した。個別の出資金額は明らかにしていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン