/

この記事は会員限定です

カザフ騒乱 旧ソ連の強権国家に権力継承リスク

院政の失敗、プーチン氏に選択迫る

[有料会員限定]

中央アジアのカザフスタンで広がった大規模な抗議デモは、旧ソ連に多い強権的国家の権力継承のリスクを浮き彫りにした。「国父」として安定を誇った初代大統領ナザルバエフ氏でさえ政権移行と院政に失敗した。ロシアのプーチン大統領ら同様の長期体制を敷く国家指導者も人ごとではない危機的状況だった。

カザフ南東部の都市タルディコルガンで5日、抗議デモの集団がナザルバエフ氏の銅像に何重にも白い帯をかけた。歓声が上が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン