/

この記事は会員限定です

「ワクチンの個別契約結ばないで」WHO事務局長が警告

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日、先進国などの政府と製薬会社に対し、新型コロナウイルスのワクチンの個別契約を結ばないでほしいと警告した。これまでに接種が始まった42カ国の大半は高所得国だと説明し、途上国に行き渡っていない現状に強い懸念を示した。

欧米やアジアの主要国はワクチンを確保するため、製薬会社と個別で調達契約を急いでいる。テドロス氏は8日の記者会見で、こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン