/

英分裂リスクじわり スコットランド議会選、独立派過半数

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
英スコットランド民族党のスタージョン党首はジョンソン政権に住民投票実施に向けた圧力を強める(写真は7日、グラスゴーにて)=AP

【ロンドン=中島裕介】欧州連合(EU)から離脱した英国で分裂のリスクが高まっている。英国を構成する4地域の一つであるスコットランドでは6日投票の地方議会選で分離独立を志向する勢力が合わせて議席の過半数に達した。英領北アイルランドではアイルランドとの統一論が勢いを増している。「連合王国」の結束の揺らぎは、国力のさらなる低下につながりかねない。

7~8日に開票された英北部のスコットランド議会選では地域の独立を目指す与党スコットランド民族党(SNP)が全129議席のうち64議席を獲得した。過半数に1議席届かなかったが、改選前議席を3上回った。緑の党も8議席を獲得し、2党合わせた「独立派」は6増となった。

国政の与党でジョンソン首相が率いる保守党は第2党の座は守ったが、獲得したのはSNPの半分以下の31議席にとどまった。

議会選は6日投票の英統一地方選の一つとして行われた。2016年の英国のEU離脱を問う国民投票では英全体では離脱派が勝ったが、スコットランドでは62%が残留を選んだ。今回の選挙はEU離脱に反発する市民が独立志向を強めていることをうかがわせた。

スコットランド行政府(地方政府)首相でSNP党首のスタージョン氏は勝利が確定した直後の演説で「(独立を問う)住民投票の実施は民主主義の根幹に関わる問題」だと力説。分離独立を目指す姿勢をみせた。

SNPは新型コロナウイルス危機からの脱却を条件に、議会の5年の会期の前半での住民投票実施を公約している。だが正当な住民投票を実施するには、中央政府の承認が必要だ。

ジョンソン氏は7日、英紙テレグラフの取材に「人々が経済の回復を求めているときに、国を引き裂く論争を起こすべきではない」と語り、住民投票を認めない姿勢を明確にした。

スタージョン氏は投票に反対するジョンソン氏を「民主的な正当性は全くない」と強く批判するが、選挙期間中、政権が認めない非公式な住民投票を強行しない姿勢を明確にしている。一方でスコットランド議会で住民投票に関する法案を成立させたうえで、投票実施の是非を法廷闘争に持ち込む戦略も検討している。

英アバディーン大のキーティング教授は、独立派が過半数を得たとはいえ英国の裁判所が住民投票を認めるとは限らないと指摘する。一方で「政府側も14年に住民投票を行った前例があるのに、今回はなぜ拒否するのか。明確な説明を求められるだろう」と分析する。

前回の14年の住民投票では45%対55%で「独立」は敗れたが、足元での賛否は拮抗している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン