/

この記事は会員限定です

パンデミックに備え、新条約も浮上 WHO宣言から1年

死者数 スペイン風邪以来の高水準 

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスのパンデミック(大流行)を宣言してから11日で1年を迎える。すでに死者数260万人超を出したコロナを巡っては、WHOや発生源とされる中国の初動の遅れへの批判がくすぶる。欧米諸国では感染症の円滑な情報共有などを目的とした新条約を求める声が強まっている。

公衆衛生に関する条約は欧州連合(EU)のミシェル大統領や英国のジョンソン首相らが提唱し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り933文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン