/

英グリーンシル破綻、ファンド離反で SBGも出資

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
関連ファンドを相次ぎ凍結され経営危機に陥っていた(ドイツの銀行子会社)=ロイター

【ロンドン=篠崎健太】英金融サービス会社グリーンシル・キャピタルは8日、英国の裁判所に会社管理手続きを申請し、経営破綻した。企業の商取引で生じる売掛債権を対象にした金融を手掛け、ソフトバンクグループ(SBG)も出資していた。提携先だった複数の関連ファンドが離反して資金繰りが行き詰まったもようだ。法的管理下で事業の売却を模索する。

負債総額などは明らかになっていない。日本経済新聞は申請について同社にコメントを求めたが返答は得られていない。

8日付で管財人に任命された国際会計事務所グラントソントンは「利害関係者とグリーンシルの資産購入をめぐる交渉を続けている」との声明を出した。欧米メディアによると、米投資ファンドのアポロ・グローバル・マネジメントが事業や資産の一部取得を検討している。

グリーンシルは「サプライチェーンファイナンス(SCF)」と呼ばれる、企業間取引の請求書を流動化する金融を営んできた。フィンテックの新興勢力として注目されていたが、スイス金融大手クレディ・スイス・グループが1日、関連ファンドの新規設定や償還を停止した。スイス運用大手GAMインベストメンツも追随して凍結し、経営危機に陥っていた。

ファンドの凍結は、資産価値の不確実性が表面化して投資家保護の必要性が出たとの理由だった。運用資産にかけられていた保険契約の失効が引き金になったとみられる。グリーンシルによる効力維持の請求を却下したオーストラリアの裁判所の決定文によると、46億ドル(約5000億円)の資産を対象とした保険が1日に失効した。

英実業家サンジーブ・グプタ氏率いる英エネルギー企業、GFGアライアンスへの融資が過大だったとの疑惑も取り沙汰されている。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は8日、グリーンシル側の弁護士の話としてGFGのグループ企業に約50億ドルの与信があると伝えた。同紙はGFGが返済を拒んだとも4日に伝えており、同社との関係が事態を悪化させた可能性がある。

グリーンシルに対してはSBGの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が19年、合わせて約14億6千万ドルを出資していた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン