/

女性が活躍しやすい社会を 米副大統領が欧州議会で演説

ハリス米副大統領の演説を画面越しに聞くフォンデアライエン欧州委員長(8日、ブリュッセルの欧州議会)=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】米国のハリス副大統領が8日、国際女性デーに合わせて欧州議会で開かれた会合でテレビ演説した。女性初の米副大統領に就いたハリス氏は「我々の世界はまだ女性のために十分に機能していない」と述べ、女性が活躍しやすくなる社会の改革が必要だと訴えた。

ハリス氏は演説で新型コロナウイルスが女性の健康や、経済的または身体の安全を脅かしていると主張。医療従事者の70%を占める女性が新型コロナとの闘いの最前線に立っていると説明した。一方でコロナ禍で低賃金で働く女性が打撃を受け、家庭での負担が増えているとも力説した。

そのうえで「女性にとってよりよい世界をつくろう」と呼びかけ、女性の意思決定への参画の実現などに努力すべきだと力を込めた。ニュージーランドのアーダーン首相もオンラインで演説した。両氏の演説を聞いたフォンデアライエン欧州委員長は「わたしたちは若い女性に刺激を与え、彼女たちが明日のリーダーになれることを示さなければならない」とツイッターに書き込んだ。

バイデン政権の幹部が欧州連合(EU)関連の会合に出るのは、ブリンケン国務長官がEU外相理事会に参加したのに続くもので、9日にはケリー大統領特使(気候変動担当)が欧州委員会の閣議にあたる会合に参加する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン